読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でぶててのWEB録

PPC広告とか!タグマネジメントとか!WEB解析とか!だいたいそこらへん。

【まとめ】計測/実行漏れをふせぐ!広告ブロックもできるChromeアドイン6選

タグマネジメント

でぶててはWEB広告屋です。
タイトルがWEB広告屋が書くタイトルではない、ですがw

事実として、
広告は「ウザい」と思われればブロックされるので、
仕方ないでしょう。


さて、本題に戻りますが、
WEB広告を扱う以上、JavaScriptとは無縁ではないのですが、
専門家がいるので特に勉強はしてませんでした。

タグのことなんて制作/システム部隊に任せとけばいいじゃんっ!
と思っていましたが・・・

Googleタグマネージャー(GTM)、Yahoo!タグマネージャー(YTM)とリリースが続き、
そうは言ってられなくなりました。

積極的に使うことで、今はタグの理解を深めている最中です。
そんなド素人に近いでぶててが重宝しているChromeアドインを紹介します。


Chromeのそもそもの機能と注意点

(標準の機能)
Choromeでは、開発タブ「F12」を押すとJavaScriptのタイムラインや発火状況を確認できます。
また、 をURLバーに入力して対象のサイトにアクセスすると・・・

なんと!
サイトに関するすべてのリクエストを見ることができます!
(私は見ていてもなんとなくでしかわかりませんw)


(注意点)
JavaScript/タグの発火は、
必ず「シークレットモード」(Ctrl+Shift+N)でご確認をっ!
(制作者向けのChromeアドインであるWeb Developerを使ってもいいかもしれません)

どちらにしても、
余計なものがない確認しやすい状況を作ってあげるほうがベターです。


JavaScript/タグをチェックするChromeアドイン6種

でぶててが見つけた/使っているアドインたちです。
※インストール方法は割愛します。

1. Ghostery 広告ブロック可。広告/解析系タグチェック向け
2. Disconnect 広告ブロック可。ビジュアル重視
3. JavaScript Errors Notifier 常駐型JSチェック
4. Tag Assistant Googleタグ向け
5. Adwords Remarketing Tag Validation Tool Googleリマケタグ専用
6. Google Analytics Debugger GAデバッグ

詳しくは以下で。


Ghostery

Ghostery
世界的にもっとも有名なタグチェックツール。
Yahoo!社以外の解析/広告タグには一通り反応します。
FireFox版ですが、過去にライフハッカーでも紹介されていました。

実際にインストールすると、
どのサイトでもJSを検知してポップアップが表示されます。
しかし、正直邪魔ですw
f:id:debutete:20131005232248p:plain

ですので、
アイコンをクリックしたときだけに表示します(ポップアップを非表示に)
[設定(Settings)] → [オプション(Options)] → [拡張(Advanced)] → [Show alert bubbleのチェックを外す]
f:id:debutete:20131005232235p:plain

最低、この設定だけしておけば快適に使えます。


Disconnect

Disconnect
本来は広告やリクエスト/トラッキング(JavaScript)をブロックして、
高速ブラウジングするためのChromeアドイン。
(元Google社員の作品だそうです)
サイトに埋めてあるJavaScriptを、
リストビュー(List View)/ビジュアルライズページ(Visualize Page)の2種類の表示で確認できる。
f:id:debutete:20131005232734p:plain f:id:debutete:20131005232758p:plain
(左がリストビュー、右がビジュアライズページ)

どのアドインよりもビジュアルが良く、
サイトに埋めてあるJavaScriptを直感的に網羅できます。


また、TechLunchや個人ブログで紹介されています。

広告ブロックに使うならDisconnectのほうが使いやすいです。


JavaScript Errors Notifier

JavaScript Errors Notifier
表示URLバーに常駐するJavaScriptのチェックツールです。
f:id:debutete:20131006014013p:plain
(JavaScriptがエラーを起こしているとURLバーに×がつきます)

異常があるかないか?
私は単純な判断と、作業のきっかけに使っています。
(小粋空間さんの記事がインストールから見方までわかりやすく書かれています)


Tag Assistant(by Google)

f:id:debutete:20131006013831p:plain

Tag Assistant
Googleが提供しているタグチェックツール。
タグの発火を確認するだけでなく、
エラーチェックやその対処法まで教えてくれる(英語で)。
対象タグは、Googleアナリティクス/アドワーズ/タグマネージャー。
英語じゃなかったらもっと重宝するのにねっ!

SEO、GA系で著名なブログでも紹介されてます。


Adwords Remarketing Tag Validation Tool(by Google)

f:id:debutete:20131006013805p:plain

Adwords Remarketing Tag Validation Tool
Google Adwordsリマーケティングタグ専用のGoogle公式アドイン。
動的リマーケティングタグにも対応していて、
タグのド素人の私でも扱うことができます。


Google Analytics Debugger(by Google)

GA Debug
Google Analyticsのタグの発火状況を確認する、開発タブの公式拡張機能。
上級者向け(私はまだまだ活用できてません)
開発タブでは、サイト内のJavaScriptだけをタイムラインで追うこともできるが、
一覧性がないためより見やすくするためにオススメです。


プロの方が書いています。特にMarkezineの記事は秀逸!


他にも・・・

Google/Yahoo!タグマネージャー内に設置したタグであれば、
それぞれのプレビュー/デバッグ機能を使ってチェックするこもできます。

いづれにしても、
実際にアクセスしてカウントが管理画面に現れるタグ(解析, CVなど)は、
実際にアクセスして管理画面だけでなく、
フォームのデータが飛んでいるかを確認すべきでしょう。

データの取得ができないと作業自体が評価されないこともあります。
広告屋の方も、
解析屋の方も、
人に任せるのではなく、自分でチェックする力は身に付けておいて損はないと思います。



copy right 2012 でぶてて